◆ダウンロード(導入は自己責任です)

本家公式サイト
CherryTreeへ
最新版v0.16 
DL

日本語化セット(v0.16用) 
DL
オリジナルUImod(導入方法はSCENE54参照) 
DL

◆日本語化セットをいれても文章が4行かけない人がいた場合の対処方法
ultimateの入ってるフォルダにUImodというフォルダがあります。
その内部にwidemessagebox.iniというファイルがあるので、
それをメモ帳で開いてください。
その後、++24と書かれてるところを++32などにすれば解決すると思います。
自分の環境だと++32は五行になってしまうので、++24の状態で公開しています。

◆はじめに。


皆さんは『RPGツクール2009 Ultimate』というツールをご存知だろうか。
Cherry Treeと呼ばれるサイトで公開されている素晴らしいツールである。
自分はこのツールの存在を知ってはいたものの、導入はしなかった。
何故なら、『どうせエディタやexeファイルを改造するパッチだろ?』と、
思っていたからである。
それでふと、どういうものか気になってDLをしてみたら、
これがそういうものじゃないということに気がついたのである。
チェリー氏も最初に『RPGツクール2000/2003の非公式パッチはいつも大きな問題を抱えている。
何故ならそれらは全て実行ファイルのリソースを改造しているのだ。』
と語っている。
じゃぁこれが何なのか、というと、
『エディタもRPG_RT.exeも改造することなく、リソースハッカーを使って改造したエディタでツクールをすることができるツール+大量のα』
というのものである。つまりだ、このツールを使って完成したプロジェクトからexeを抜いても問題ないのだ。

◆起動する前に


RPGツクールの名前を冠しているが、これはあくまでもツクールの補助ツールです。
製品版のRPGツクール2000/2000Value/2003にのみ対応しています。

◆新要素色々


大量のαについていくつか説明したいと思います。
まずは起動画面です。

このような小ウィンドウが開きます。
ここでプロジェクトと、『所有していて、編集したいツクール』を選択します。
自分の場合は一番右以外に用はありません。

チップパレット/マップツリーが別ウィンドウになっています。
勿論従来のようにエディタにはめ込むことも可能です。(タイトル部分をダブルクリック。)
チップパレットとマップツリーがタブ切替形式になっています。

マップ名を入力することで、検索結果先のマップやエリアを一瞬で表示してくれます。
マップツリーが膨大な人にお勧めですね

秘密のイベントを各マップに一つ作ることができます。
通常のエディタではこのイベントを開くことはできません。
またパスワードを設定しておけば、RPGツクール2009Ultimateを使われても開くことができません。
改造のように見えますが、(-1,-1)に配置しているだけです。

データベースメニューが独立しました。
簡単に編集したいデータベースへとアクセスできます。

メモ帳、電卓やプロジェクトフォルダなどを呼び出すこともできます。(画像はv0.16での日本語化デフォルトです。)
設定ファイルをいじることで頻繁に使うツールを登録することもできます。

おまえは何を言ってるんだ・・・
このように、起動時にコツとヒントがでます。
翻訳しただけなので、間違ってても知りません。

イベントコードがカラフルになります。
カラーシーンエディタを使えば自分好みに設定することも可能です

イベントページを拡大することも可能です。
そう、あの『バトルイベント』でさえも!!

素材管理画面でなんとmp3やmidiの情報が閲覧可能です。
インポートサイズに制約がないため、巨大ピクチャーも、
一部カットしてあるホコグラもインポートが楽に行えます。

素材の名前の変更や、フォルダの移動も『素材管理』でできます。

Charasetの中に『Testというフォルダ』を作り、その中に白わてりのホコグラを導入しても、この通り。
ちゃんと選択することができます。(ちゃんと動きます)

注釈機能。これだけの行数を書き込むことが可能です。
もちろん全て緑色で表示されます。
2003ツクラーならわかる、1行目だけ緑色の悲しみも、これで解決!

新アニメーションタイプ。『移動時に足踏みしない』。
氷の上を滑るかの如く!!
他にも
・戦闘アニメを横5*縦25サイズ(スプライト数125個)に対応
・フォント置き換え(これはよくわかってない)
・多重起動(あれ、砂箱・・・)
・様々なイベントへのアンドゥボタンの実装
・大量のホットキー
・上層チップに下層チップを使う機能(重大な問題があるため、デフォルトではオフになっているそうです。)
これら全て、exeも本体も改造せずに使えます。


◆UImodを使ってみよう

リソースハッカーでエディタを改造したことがある人向けですが、
UImodを使えば、エディタに直接手を加えることなくリソースハッカーと同じ効果を持って改造することができます。
例えば、日本語化セットのUImodを当てない場合、文章イベントの入力画面は、横にやたら広く、縦は3行しか対応しません。
この状況を打破するために、デフォルトで入ってるwidemessagebox.iniを予めいじってあります。
この状態でも文章は横に延々と入力可能ですが、
さらに伸ばしたい場合は、このiniファイルの100と書かれてる部分を200などに置換するだけで横に大きくなります。
元々、多くの部分がRPGツクール2009Ultimateでは改変されてるため、UImodを使う必要がほぼありません。
それでもリソースハッカーなどで変更できる点であれば、UImodを使うことでより自由にツクールライフを楽しめるのではないかとおもいます。
また、RPGツクール2009Ultimateの設定ファイルを弄ることで新たなUImodを追加したり、ユーザーツールの追加以外にも色々できるようです。(自分で調べてくだしあ)

あ、ちなみにこのツール、本家ではプロジェクトが凍結してます^^

翻訳ミス等の連絡はサイトトップの一言コメントか、ツイッターの方でお願いします。

サイトトップ